日本歴史時代作家協会 公式ブログ

歴史時代小説を書く作家、時代物イラストレーター、時代物記事を書くライター、研究者などが集う会です。Welcome to Japan Historical Writers' Association! Don't hesitate to contact us!

『映画に溺れて』第202回 競輪上人行状記

第202回 競輪上人行状記

平成十五年十一月(2003)
下高井戸 下高井戸シネマ

 

『幕末太陽伝』で貸本屋の金公を演じた小沢昭一名脇役で、主演映画はそれほど多くはないが、私の大好きな俳優である。
 小沢の主演作『競輪上人行状記』は七十年代にTVで見て、その後、いつかは映画館できちんと見たいと思いながら、ずっと機会のなかった作品だが、下高井戸シネマでの追悼特集でようやく劇場鑑賞することができた。
 小沢昭一扮するのは中学教師で、実家は貧乏寺、老父の加藤嘉が住職、兄嫁の南田洋子が寺を切り回している。兄が亡くなり、学校を辞めて寺を継ぐように父から強制され、一度はやけになるが、父の死で改心して、京都で修行を終え、密かに慕っていた兄嫁と結婚して寺を継ごうと決意する。
 が、兄嫁の口から息子は兄の子ではなく、父の子だと知らされ、怒り狂ってまた競輪に手を出し、暴力ノミ屋に借金のかたとして、寺の再建資金ばかりか寺まで取られてしまう。さて、いったいどうなるのか。
 どろどろとして、やりきれないようなストーリーなのに、これが笑えるコメディになっている。もちろん、小沢昭一の名演技あってこそだが、出演者のひとりひとりが実に素晴らしい。
 五十年代、六十年代の映画界を支えていた脇役たち、ほとんどが文学座俳優座、民芸などの新劇俳優で、実に自然でリアルな演技を見せるのだ。
 TVで観たときも面白かったが、映画館で観ると、さらに素晴らしさが身に沁みて、ずっと憧れ続けていた女性に出会えたような幸福感。やはり、映画は映画館で観たいと思う一本である。

 

競輪上人行状記
1963
監督:西村昭五郎
出演:小沢昭一加藤嘉南田洋子、高橋昌也、松本典子高原駿雄初井言栄

 

『映画に溺れて』第201回 新幹線大爆破

第201回 新幹線大爆破

昭和五十年九月(1975)
京都 一乗寺 京一会館

 

 昭和五十年七月の封切りだが、ヒットせず、私は二か月後に二番館に回ってきたのを三本立てで観た。国鉄新幹線の東京博多間が開通したのがこの年の三月で、映画は開通したばかりの新幹線を爆破しようというパニックものである。だから、撮影に関して、当時の国鉄はまったく協力しなかったそうだ。
 犯人グループが新幹線に爆弾を仕掛ける。速度計と起爆装置を連動させたもので、時速が八十キロを超えると第一のスイッチが作動し、八十キロより落ちると第二スイッチで爆発する。いったん動きだすと、列車を止めて爆弾を取り除くことはできない。北海道の貨物列車にも同様のものを仕掛けて爆破させ、予告が本当であることを証明する。犯人の要求は五百万ドル。金と引き換えに爆破装置の外し方を教えるという。
 東京を出発した新幹線ひかり一〇九号は止まらずに走り続ける。乗客は千五百人。指令室からの電話で爆破予告を知った運転士は、ぎりぎりに減速しながら走行する。最新の新幹線には安全装置が完備してあり、わずかなトラブルでも自動的に停止する仕組みなのだ。次々起きるアクシデント。名古屋を過ぎても止まらないのでだんだんパニックになっていく乗客。当時は東京駅の次は名古屋だった。
 限られたわずかな時間で犯人を割り出し追い詰める警察。政府は爆弾の除去が成功しなくても都市での爆破を避けるため、山口県の農村部での停止を国鉄に要請する。
 この手のパニック映画は最後はなんとか無事に切り抜けるものだが、今にも爆発しそうで、ひょっとして大惨事もあるのかと、最後まで画面に食い入ってしまった。
 興行的にヒットはしなかったが、評論家の評価が高く、それまでヤクザ映画が多かった佐藤純彌監督がその後、数々の大作を撮るきっかけとなった。
 フランスで短縮版が大ヒットし、アメリカ映画『スピード』では同様のアイディアが使われている。

 

新幹線大爆破
1975
監督:佐藤純彌
出演:高倉健山本圭織田あきら宇津井健千葉真一、郷鍈治、竜雷太宇津宮雅代藤田弓子、多岐川裕美、志穂美悦子渡辺文雄、福田豊土、志村喬、山内明、鈴木瑞穂丹波哲郎北大路欣也川地民夫田中邦衛

『映画に溺れて』第200回 男と女

第200回 男と女

平成二十三年五月(2011)
日比谷 みゆき座

 

 クロード・ルルーシュの映画を初めて観たのは高校生のとき、『白い恋人たち』だった。冬季オリンピックのドキュメンタリーでフランシス・レイのテーマ曲が大ヒットした。そして『流れ者』『冒険また冒険』『男と女の詩』などお洒落なフランス映画を背伸びしながら観たものだ。ああ、懐かしい。一九七〇年代。
 ところがである。同じフランシス・レイの主題歌ダバダバダ、ダバダバダで有名な『男と女』をずっと見損ねていたのだ。私は家でビデオやDVDでの映画は観ない方針なので、どんな高名な作品であっても、いったん映画館で見逃すと、なかなか次に観る機会は訪れない。『男と女』は二十一世紀に入ってから東宝系の「午前十時の映画祭」でようやく観ることができた。
 男はジャン=ルイ・トランティニアン。レーサーである。女はアヌーク・エーメ。映画撮影所の記録係。
 男の妻は彼がレースの事故で入院中に、心労のあまり自殺する。女の夫はスタントマンだったが、撮影中に事故死する。ふたりはそれぞれ、子供を同じ寄宿舎に預けていて、それがきっかけとなって、知り合い、惹かれ合う。ふたりとも若くはないが、アヌーク・エーメは輝くばかりに美しく、トランティニアンも渋くてかっこいい。
 それだけなら、ただの中年の恋愛物語だが、一九六〇年代後半というのは、ほんとに不思議なくらい新しいものが出てきた時代なのだ。そして新しいものが、大衆化して、社会に受け入れられた時代でもあった。
 今観ると、とてもユニークだが、このユニークさは、どこか古めかしく、懐かしいユニークさなのだ。あの時代に若者だった私としては、年取ってから、こんな映像を観ると、胸がきゅーんとなってしまう。
 でも、考えてみれば、今の時代、もう新しいものなんて何もないのかな。あの時代に全部出てしまっているもの。六〇年代の終わりから七〇年代にかけて、ほんとにいい時代だったと思う。ダバダバダ、ダバダバダ。とはいえ、ルルーシュ、まだまだ。

 

男と女/Un homme et une femme
1966 フランス/公開1966
監督:クロード・ルルーシュ
出演:アヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニアンピエール・バルー

『映画に溺れて』第199回 地上5センチの恋心

第199回 地上5センチの恋心

平成二十年八月(2008)
飯田橋 ギンレイホール

 

 主人公オデット・トゥールモンドはデパートの化粧品売り場に勤める中年女性。十年前に夫を亡くし、成人した息子と娘とベルギーの小さなアパートでつつましく暮らしている。美容師の息子はゲイ。無職の娘は変なボーイフレンドを家に連れ込んで同居。このボーイフレンドというのが、いつもトイレに閉じこもって煙草を吸っているような男。絵に描いたような庶民の生活。
 そんな彼女の楽しみは人気作家バルタザール・バルザンのロマンス小説を読むこと。それだけで、体がふわっと浮き上がるような幸福に浸れるのだ。ブリュッセルでのバルザンのサイン会では、憧れの作家の前であがってしまって、自分の名前さえまともに言えないほど。
 パリに住む作家のバルザンは、妻との仲は冷め切っていて、新作はTVでこきおろされる。文学などと無縁の無教養な女性たちが好む陳腐なゴミだと。
 落ち込んで自殺未遂。病院を抜け出し、上着のポケットにサイン会でファンがくれたファンレターを見つけ、読むうちに涙が流れる。
「あなたの小説のおかげでつらい人生から救われました。あなたの小説が多くの人を幸福にしています」
 バルザンは手紙をくれた読者オデットに会いに行く。くたびれ果てた中年の流行作家とささやかな人生を楽しむ中年女性。ふたりの間には、どんなロマンスが生まれるのか。
 カトリーヌ・フロふんするヒロイン。常に明るく前向きで、楽しくなると、食事の支度をしながら、自然に踊りだす。 
 ほのぼのと幸せになる小品である。

 

地上5センチの恋心/Odette Toulemond
2006 フランス・ベルギー/公開2008
監督:エリック=エマニュエル・シュミット
出演:カトリーヌ・フロ、アルベール・デュボンテル、ファブリス・ミュルジア、ジャック・ウェベール、アラン・ドゥテン

 

『映画に溺れて』第198回 殿方ご免遊ばせ

第198回 殿方ご免遊ばせ

平成二十二年十二月(2010)
六本木 シネマート六本木

 

 バルドーの主演作を初めて映画館で観たのは一九七〇年代の初め、『華麗なる対決』というフランス製のコメディ西部劇だった。マイケル・J・ポラードの保安官以外は、住民が全員フランス系移民という西部の町で、バルドーは列車強盗の首領。四人のセクシーな妹たちを従えて、強盗稼業に精を出し、もう一組のならず者の首領、四人の弟を従えたクラウディア・カルディナーレと対決する。バルドー作品は数多いが、『華麗なる対決』は最後のほうで、その後、新作を映画館で観る機会はなくなった。
 いや、旧作さえ、バルドーの映画、なかなか映画館では観られない。今や家庭には大型TV、様々なソフトが充実し、インターネットでも観ることができる。劇場での古い映画の上映は興行的には難しいのだろうか。
『殿方ご免遊ばせ』は六本木シネマートでのバルドー特集で観ることができて、とてもうれしかった。スクリーンには一九五〇年代の小悪魔といわれた若きブリジット・バルドーが。ああ、美しい。
 フランス大統領の娘ブリジット。父の秘書官ミシェルに恋して、追っかけまわし、とうとう結婚となるのだが、ミシェルはかなりの放蕩者。
 ブリジットは夫の気を引くために浮気を宣言するが、彼は本気にしない。そこで、パーティで最初に前を横切った男と浮気することに。冴えないボーイが横切ろうとして、あわやと思うと、手前で引き返し、次に横切ったのがたまたま国賓でやって来た某国のシャルル大公殿下。彼女は殿下に近づいて、とうとう軍用機でデートする仲に。
 ミシェルは気になって、ほんとうに妻がシャルル大公とデートしたのか確かめようと大使館に出向くのだが……。
 おおらかな時代の古風なコメディ。観ている間、ひたすら気持ちがよく、バルドーの可憐さを堪能できた。

 

殿方ご免遊ばせ/Une Parisienne
1957 フランス/公開1957
監督:ミシェル・ボワロン
出演:ブリジット・バルドーシャルル・ボワイエ、アンリ・ヴィダル、アンドレ・リュゲ、ナディア・グレイ

 

『映画に溺れて』第197回 アメリ

第197回 アメリ

平成十四年一月(2002)
池袋 テアトル池袋

 

 主人公のアメリは内気で不器用、周囲の人となかなかうまく溶け込めない。
 彼女がある日、TVでダイアナ妃事故死のニュースを見て、びっくりしたとたん、化粧品の蓋が転がり、壁の隙間に入る。そこには子供のおもちゃが入った宝箱が。箱を見つけたアメリ、アパートの前の住人を探り当て、匿名で宝箱を返す。
 子供のころに壁の穴に隠した宝物の箱が突然目の前に現れ、狂喜する中年男。
 それがきっかけとなり、アメリは他人をほんの少しだけ幸福にするいたずらを次々と思いつく。
 アパート管理人の中年女性は、昔、愛人と駆け落ちして事故死した夫から、何十年遅れで届いたラブレターに涙する。
 アメリの実家の父親には、庭からいなくなった置物の小人から世界各国の風景写真が届く。
 やがてアメリはもうひとりの自分によくにた青年ニノに出会う。彼もまた内気で世間とぎくしゃくしていて、駅の証明書用自動写真撮影機の下に捨てられている失敗写真を集めてアルバムに貼るのが趣味という変わり者。
 ニノは失敗写真を収集しながら、ひとつの謎にぶちあたる。いつも決まったハゲ頭の同じ男の写真があちこちの証明写真コーナーに落ちているのだ。この奇妙なハゲ男の正体はいったいなんだろう。
 そして、不器用なアメリのニノへの恋心ははたしてうまく通じるのか。
 普通のラブコメディと比べると、皮肉で、ひねりがきいており、しかも粋で温かく、そこがフランス映画らしい。ふたりの恋をつい応援したくなる。
 隠れていたずらを企むアメリがスカーフとサングラスで扮装する場面、『シャレード』のオードリー・ヘップバーンを思わせる。そういえばオドレイ・トトゥのオドレイは英語ではオードリーだから意識したのだろうか。

 

アメリLe Fabuleux Destin d'Amélie Poulain
2001 フランス/公開2001
監督:ジャンピエール・ジュネ
出演:オドレイ・トトゥ、マチュー・カンヴィッツヨランド・モロー、ドミニク・ビノン

 

『映画に溺れて』第196回 今さら言えない小さな秘密

第196回 今さら言えない小さな秘密

令和元年八月(2019)
築地 松竹試写室

 

 なにを隠そう、私は子供の頃から自転車に乗れない。結婚して子供ができて、家族で公園などに遊びに行くとき、みんな自転車なのに、私ひとりが徒歩かバスだった。町ではけっこう高齢者が細い道をすいすい自転車で走って行く。あんな年寄りでも。それなのに。
『今さら言えない小さな秘密』は、だから身につまされる。
 村の自転車屋ラウル・タビュランは自転車修理のエキスパートとして、村人たちから尊敬されている。が、彼には妻にも息子や娘にも村人たちにも知られていない秘密があった。実は自転車に乗れないのだ。
 六歳になって自転車の補助輪を外したとたん、バランスを崩して倒れてしまった。いくら練習してもうまく乗れない。絶望した父がその直後に亡くなる。二十歳のとき、好きな女性ができて、自転車が乗れないと告白したとたん、振られてしまう。以来、彼は自分が自転車に乗れないことを隠していた。
 トゥール・ド・フランスの通り道であるこの村で、競技中に故障した自転車をとっさに素早く直し、その腕を見込まれて、村の自転車屋で働くようになり、やがて店を受け継いだ。素敵な女性と出会い結婚し、子供も生まれ、幸せだが、やはり自分が自転車に乗れないことは秘密だった。
 村に著名な写真家が滞在することになり、ラウルはどうしても自転車に乗らなければならない状況に追い込まれる。
 映画の中のラウルはいつもオーバーオールを着ている。六歳のときも、十一歳のときも、二十歳のときも、結婚式でさえも、あらゆる場面で。他の登場人物も常に同じ衣装。原作が『プチ・ニコラ』で有名なジャン=ジャック・サンペの絵本で、服装は絵本の登場人物を表す記号のようなものか。だから、映画の衣装も絵本そのままなのだ。
 ラウル役のブノワ・ポールヴールドはいかにも温厚で善良で親切な中年男性を演じているが、かつて『ありふれた事件』では凶悪で残忍で冷酷な強盗殺人者だった。

 

今さら言えない小さな秘密/Raoul Taburin
2018 フランス/公開2019
監督:ピエール・ゴドー
出演:ブノワ・ポールヴールド、スザンヌ・クレマン、エドゥアール・ベール