日本歴史時代作家協会 公式ブログ

歴史時代小説を書く作家、時代物イラストレーター、時代物記事を書くライター、研究者などが集う会です。Welcome to Japan Historical Writers' Association! Don't hesitate to contact us!

大河ドラマウォッチ「麒麟がくる」 第一回 光秀、西へ

 1547年.室町幕府末期。武家の頭領である将軍足利氏は、家臣たちの権力闘争と足利家の内紛により、力を失っていました。幕府は弱体化し、争いは各地に伝播していきました。
 京から40里離れた美濃の国。農地を見回っていた明智十兵衛光秀(長谷川博己)は、野盗の襲撃に遭遇します。部下と共に野盗と戦い、なんとかこれを撃退する十兵衛でしたが、野盗の頭は十兵衛の見たことのない武器を最後に放ちます。十兵衛は助けた農民(岡村隆史)から、それが「鉄砲」というもので、堺でしか手に入らないということを聞きます。
 十兵衛は明智城に戻ってきます。事実上の明智城の当主である叔父の明智光安(西村雅彦)に、殿、つまり美濃の支配者である斎藤道三に会う許可を求めますが、出過ぎたまねとはねつけられます。十兵衛は許可なく、道三のいる稲葉山城に向かいます。その門前で待ち、鷹狩りから帰ってくる道三に話しかけようと考えていたのでした。その十兵衛に親しげに声をかけてくるものがいます。斎藤道三の息子、斎藤高政(伊藤英明)でした。十兵衛とは机を並べて学んだ仲です。道三は妻の小見の方の病状が思わしくないため、鷹狩りに出ていませんでした。高政の手引きで十兵衛は斎藤道三(本木雅弘)に会うことができます。
 十兵衛は道三に野盗について説明します。鉄砲を持っていたことも。道三は鉄砲に興味を持っていました。十兵衛は語ります。自分は美濃から外に出たことがない。
「この美濃がどうあれば良いのか、まるで見当がつきませぬ。ただ、はっきりしているのは、この先、野盗は何度も来るということです。そして野盗は、他の国々を知っている。鉄砲を知っている。我々はそれを知らない」
 そうして十兵衛は美濃のために旅をさせてもらいたいと申し出るのです。
「そもそも旅の許しを出して、わしに何の得があるというのか」
 と、道三はいいます。十兵衛は困惑します。道三は十兵衛を残して立ち去ろうとします。十兵衛は道三に食い下がります。
「鉄砲を買うて参ります」
 しかし道三は立ち止まりません。十兵衛はさらにいいます。
「京には立派な医者もいて、様々な難病を治すと聞いております」
 道三の妻のためにその医者を連れてくると宣言します。
「それでいかがでございましょう」
 十兵衛は道三の前に膝をつきます。道三は向き直ります。資金としていくら欲しい、といって笑い、道三は十兵衛に旅の許可を出すのです。
 十兵衛は出発します。旅の途中で堺の武器商人「辻屋」のことを知ります。琵琶湖を船で渡り、比叡山を通ります。その道中、十兵衛は治安の悪さを実感します。
 ついに十兵衛は堺に入ります。その活気に驚き、感心する十兵衛。聞いていた辻屋を訪ねます。辻屋には先客がいました。足利将軍の奉公衆である三淵藤英(谷原章介)たちでした。三淵は辻屋に鉄砲を注文していました。その試し撃ちを見物する十兵衛。しかし三淵は鉄砲という武器が気に入りません。弓矢ならすぐに次の矢を射ることができるというのです。十兵衛は辻屋に鉄砲を求めますが、注文が多く、手に入れるには二、三ヶ月待たなければならないと知らされます。
 三淵たちと入れ替わりに辻屋にやってきた派手な着物の男がいます。三好長慶の家臣、松永秀久(吉田鋼太郎)でした。松永は十兵衛に親しみを持ちます。斎藤道三に憧れを持っていたからです。十兵衛の懐にしまった金も気になる様子でした。
 松永は十兵衛を食事に誘います。酒をしこたま飲ませる松永。十兵衛は松永がしきりに斎藤道三をほめるのが気に入りません。美濃の国のものが、すべて殿に従っているわけではないといい出します。十兵衛はかなり酔っています。
「おぬしは山城守(斎藤道三)様のことをどうおもっておるのじゃ」
 と、問う松永。
「正直に申し上げて、ああいうお方を好きにはなれない」
 けちくさい。何事も損得勘定。などと悪口を並べ立てます。しかし、と十兵衛はいいます。
「好き嫌いで主君に仕えるわけではない。それが難しい」
 その言葉に対し、松永が同意すると、十兵衛は上機嫌になります。そしてそのまま寝てしまうのです。
 翌朝、目を覚ました十兵衛は懐にあるはずの金がなくなっていることに気づきます。しかし書き置きと共に一挺の鉄砲が置かれていたのでした。喜びの声を上げる十兵衛。一路、京に向かいます。
 京は戦乱のため、荒廃しきっていました。人々は住む家もなく、食べるものにも事欠く有様でした。十兵衛は炊き出しを行っている僧侶に、京で一番の名医は誰かと訪ねます。名医は将軍のそばにおり、荒廃した京都にはいないだろう、と僧侶はいいます。僧侶は「望月藤庵」という名医がいたことを思い出します。十兵衛はその場所に行ってみることにします。
 教えられた所に来てみると、十兵衛は藤庵の助手である女性の駒(門脇麦)に出会います。藤庵はいないから帰るようにいわれます。あきらめきれず、駒に訴え続ける十兵衛。駒は少し興味を持ち始めます。美濃の殿様は治療にいくらくれるのかと十兵衛に訪ねます。
「それ相応と」
と、答える十兵衛。ついに駒は藤庵のもとに十兵衛を連れていきます。
 しかし美濃には行かないと藤庵(堺正章)はいいます。
「わしは金では動かん」
 と、豪語します。しかし本当の理由は、貧しい人を助けるために京を離れたくなかったのです。
「わかりました」と、十兵衛はいいます。「私の父は、私が幼き頃、病で亡くなりました。生前の父を知る者は皆、口をそろえて、立派なもののふであったといわれます。その父がよく私に申していたことがあります。大事なのは一つ。ただ一つ。誇りを失わぬことだと」
 十兵衛はそういって去って行くのです。
 その時、盗賊の襲来があり、家々に火がつけられます。十兵衛は盗賊を退けることはできましたが、燃え上がる炎をどうすることもできません。火のついた一軒の家に、少女が取り残されているというのです。水をかぶり火の中に飛び込む十兵衛。少女の救出に成功します。
 少女の無事を喜ぶ人々。十兵衛は誰に感謝されるでもなく、材木に腰を下ろしていました。そこに話しかける駒。十兵衛に礼を言います。駒は自分の子供の頃のことを話し始めます。火事で両親を失い、藤庵に育てられた。火事の中で親と死ぬところを助けられた。ちょうど十兵衛がしたように、一人の武士が火の中に入ってきて連れ出してくれた。その武士は泣き止まない駒を慰めていった。
「いつかいくさが終わる。いくさのない世の中になる。そういう世を作れる人がきっと出てくる。その人は、麒麟を連れてくるんだ。麒麟というのは、穏やかな国にやってくる不思議な生き物だ」
 十兵衛はいいます。
「旅をして、よくわかりました。どこにも、麒麟はいない。何かを変えなければ。誰かが。美濃にも京にも、麒麟は来ない」
 そして藤庵は言い訳を並べ立て、美濃に行くことを申し出るのでした。

『映画に溺れて』第290回 パリ、嘘つきな恋

第290回 パリ、嘘つきな恋

令和元年十月(2019)
飯田橋 ギンレイホール

 なんて素敵な恋だろうか。私はベタベタの恋愛映画はあまり好きではないが、フランスのラブコメディ『パリ、嘘つきな恋』には、どっぷりはまって、心ときめいた。
 五十歳を間近にひかえた主人公、独身で金持ちで女好き、ふとした誤解から車椅子の身障者と間違われ、行きがかりで身障者のふりをして、車椅子の美女と知り合い、自分が歩けると言い出せないまま彼女とつきあうことに……。
 身障者が題材ではあるが、重い感動ものにはならず、悪ふざけにならず、展開に思わず「うまい」と唸ってしまった。
 主人公のジョスラン。運動靴の大手販売会社パリ支局長。女性にもてるので、自由気儘に恋を楽しんでおり、特定の恋人はなく本気で結婚など考えていない。
 亡くなった母親の遺品整理に行き、車椅子に座っているところを隣に引っ越してきた美人に見られ、身障者と誤解される。なりゆきで同情を引こうと身障者のふりをしてしまうと、彼女の実家に招待される。いそいそと、車椅子のまま訪問すると、現れたのが彼女の姉フロランス、これが車椅子の美女。ヴァイオリニストだが、どうやら下半身不随。彼女のことが気になって、彼女が出ている車椅子テニスの試合を見に行ったり、わざわざチェコプラハまで彼女の演奏を聴きに行ったり。もちろん、自分用の車椅子を用意して。
 美人で明るく、前向きでユーモアのセンスにあふれたフロランスにだんだん強く惹かれていく。お互い親しくなればなるほど、ジョスランは自分が身障者のふりをしていただけとは言い出せない。今まで遊びの恋はいっぱいしてきたが、本気になった彼女に、本当のことを言えないなんて。さて、彼はいったいどうするのか。
 監督、脚本のフランク・デュボスクが主人公のジョスランも演じている。フロランス役のアレクサンドラ・ラミーも美しくて素晴らしい。そして、ジョスランの父親役が懐かしいクロード・ブラッスール。いいおじいちゃんになっている。

パリ、嘘つきな恋/Tout le monde debout
2018 フランス/公開2019
監督:フランク・デュボスク
出演:フランク・デュボスク、アレクサンドラ・ラミー、キャロライン・アングラード、エルザ・ジルベルスタイン、ジェラール・ダルモン、クロード・ブラッスール

 

『映画に溺れて』第289回 エクストリーム・ジョブ

第289回 エクストリーム・ジョブ

令和元年十月(2019)
渋谷 ショウゲート試写室

 麻薬捜査課精鋭チームの五人組。精鋭というよりは、ついやりすぎて、署内でも浮いてしまう五人。
 麻薬組織のアジト情報が入る。たまたまアジトの向かいにチキン唐揚げ店があったので、連日入り浸って張り込みを続けるが、店主から言われる。贔屓にしてくれてうれしいけど、赤字続きなので店を閉めると。思えば、毎日お客は五人の捜査官だけ、他にはだれも来ない店なのだ。
 うーん、張り込みに好都合の場所はここしかない。そこで、班長が身銭を切って店を買い取り偽装営業。だが、アジトの組員が店に来ることもある。全然商売していないのでは怪しまれる。五人で唐揚げ屋を再開。捜査官のひとりが揚げたカルビ味チキン。これがなかなかの味。店に出すと、あまりのおいしさにお客が大満足。口コミやネットで評判が広がり、あっという間に行列のできる店になってしまう。
 そうなるともう、本末転倒。張り込みそっちのけで、朝から晩まで一日中、チキンを揚げ続ける捜査官たち。
 大繁盛なので、けっこう売り上げはよく、警察の給料よりも大金が入ってくる。が、こんなことで、麻薬組織を一網打尽にできるのだろうか。
 犯人に刺されても撃たれても必ず回復するゾンビの異名の班長をはじめ、チームのひとりひとりに特技あり。
 この映画を観て思い出したのがウディ・アレンの『おいしい生活
 銀行強盗を企てた一味が、銀行と道路を隔てた店を買い取り、その地下から道路を掘り進み銀行の地下へたどろうとする。まるでシャーロック・ホームズの有名な一話のような設定だが、偽装で開いたクッキー店が大繁盛で、全国チェーンの大企業になってしまうという展開だった。

エクストリーム・ジョブ/극한직업
2019 韓国/公開2020
監督:イ・ビョンホン
出演:リュ・スンリョン、イ・ハニ、チン・ソンギュ、イ・ドンフィ、コンミョン

 

 

『映画に溺れて』第288回 もしも昨日が選べたら

第288回 もしも昨日が選べたら

平成十八年十二月(2006)
飯田橋 ギンレイホール

 家庭にあるさまざまな電化製品。TVやエアコンなど、それぞれにリモコンがあって、どれがどれか混乱してしまうこともある。
 アダム・サンドラーふんする建築家。家庭には美しく優しい妻、ふたりの子供に恵まれて、幸せな日々。ある日、こんがらがったリモコンをひとつにできないかと、大型電器店へ行く。売り場の裏の倉庫の奥で、リモコン修理しているおじさんがクリストファー・ウォーケン
 このおじさんに勧められるまま、彼は万能リモコンを手に入れる。
 さっそく試すと、電化製品ばかりでなく、自分の周囲のあらゆることに使えるのがわかる。うるさい犬に消音スイッチを向けると、吠え声がしなくなる。妻にわずらわしい用を頼まれると、さっさと早送りしてしまう。文句を言われたら一時停止。
 そうこうするうちに自動早送り機能で、同じような状況は全部飛ばして、便利だ便利だと思っているうちに、いつの間にか、早送りが止まらなくなり、捨てようとしても、このリモコン、返品不能の契約。
 自分でも気がつかないうちに、自動早送りでまたたくうちに老人に。取り返しのつかない過去の場面を再生しても、それはすでに終わった場面で、もとには戻らない。ああ、なんてつまらない人生だったんだと嘆いて。さて、どうするか。
 人生はドラマではない。つまらないわずらわしい部分も含めて大切なんだよ。というファンタジーの佳作。
 この映画の日本語タイトル「もしも昨日が選べたら」というのは、ひょっとして「もしも機能が選べたら」の洒落だろうか。

もしも昨日が選べたら/Click
2006 アメリカ/公開2006
監督:フランク・コラチ
出演:アダム・サンドラーケイト・ベッキンセールクリストファー・ウォーケン

 

『映画に溺れて』第287回 ジュマンジ

第287回 ジュマンジ

平成八年四月(1996)
大阪 道頓堀 SY角座

 十二才のアランはいじめられっ子だった。父は大きな靴工場の経営者。アランは工場拡張の工事現場で偶然古めかしいゲーム盤を発見し、家に持ち帰る。両親の留守に近所の女の子サラとゲームを始めると、驚いたことに、さいころの目に合わせて駒がひとりでに進み、盤上の升目に書かれた言葉が現実となる。魔法のゲーム盤だったのだ。最初にサラが進んだ升目が「蝙蝠の大群」。次にアランが進んだ升目が「五か八が出るまでジャングルに閉じ込められる」というもので、サラの目の前でアランは消えてしまう。そこへ蝙蝠の大群が押し寄せ、サラはゲームを投げ出し逃げ帰る。
 時が流れ、二十六年後、無人となった家に二人の幼い姉弟がやって来る。両親が事故で亡くなったため叔母に引き取られたのだ。二人は家の中にあった件のゲーム盤を見つけてさいころを振ると、出た升目が「動物の暴走」。現実にアフリカの動物たちが現れる。あわやライオンに襲われそうになった時、飛び出してきた男が二人を救う。まるでターザンのようなこの男こそ、二十六年間ゲームの中のジャングルに閉じ込められ、サバイバルでたくましくなったアランだった。靴工場は廃墟となり、家は荒れ果て、両親はすでに死んでいる。呆然とするアラン。
 町中で動物たちが暴れ、ゲームを終了させなければパニックは終わらない。幼い二人とアランはゲームを続けるが、駒が進まなくなった。プレイヤーがひとり足りない。それがあの当時の女の子、今は街はずれに引きこもり、人間嫌いの霊媒となっているサラ。果たしてゲームはどんな結果をもたらすのか。
ジュラシックパーク』の恐竜同様に、この当時、CGの技術が目覚ましく、アフリカの動物の群れが町を駆け回るシーンは話題となり、CMなどにも流用された。
 その後、ジャングルゲームを宇宙冒険ゲームに置き換えた『ザスーラ』や『ジュマンジ』の二十年後の続編『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』『ジュマンジ ネクスト・レベル』も作られた。

 

ジュマンジ/Jumanji
1995 アメリカ/公開1996
監督:ジョー・ジョンストン
出演:ロビン・ウィリアムズジョナサン・ハイドキルスティン・ダンストブラッドリー・ピアースボニー・ハントビビ・ニューワース

 

『映画に溺れて』第286回 ウルトラマン

第286回 ウルトラマン

平成二十二年八月(2010)
銀座 銀座シネパトス

 TVでウルトラマンが登場したのが一九六六年。その前に同じ時間帯で『ウルトラQ』というトワイライトゾーンを思わせる不思議なシリーズがあり、その後が『ウルトラマン』シリーズ、そして『怪奇大作戦』など、中学生の私は夢中で観ていた。
 毎回、ウルトラマンが怪獣と戦うのが決まりだが、コンピュータグラフィックスのない当時、しかも低予算のTVシリーズ。怪獣はほとんど着ぐるみだった。
 怪獣と戦うのはウルトラマンだけではなく、科特隊という組織。これが小林昭二をリーダーに黒部進毒蝮三太夫二瓶正也、紅一点の桜井浩子という小人数。
 実は隊員の黒部進の正体がウルトラマンなのだが、だれも知らない。
 このシリーズ、単なる怪獣バトルでない面白さがあり、実相寺昭雄監督、佐々木守脚本のTV放送版のうち五本を選んで再編集したオムニバスが一九七九年の劇場版『ウルトラマン』である。
 たとえば、子供たちの落書きの怪獣が宇宙の怪光線で実体化してしまい、これとウルトラマンが戦う場面。子供たちは怪獣のほうを応援し、怪獣が退治されると悲しんでしまう。
 たとえば、宇宙からやって来た怪獣が、実は米ソの宇宙計画で宇宙に見捨てられた飛行士の変身した姿だったとか。
 たとえば、ウルトラマンに退治された怪獣たちの霊が宇宙空間にさまよっていて、隊員たちが僧侶を呼んでお経をあげて、怪獣の供養をするとか。
 佐々木守著『ウルトラマン怪獣墓場』に、再編集版のオリジナルシナリオのほか、怪奇大作戦のシナリオも入っていて、読み応えあり。
 余談ではあるが、泉昌之の漫画『かっこいいすきやき』の中のウルトラマンパロディも私は好きだ。

 

ウルトラマン
1979
監督:実相寺昭雄
出演:黒部進小林昭二二瓶正也毒蝮三太夫桜井浩子

 

 

『映画に溺れて』第285回 のり平の三等亭主

第285回 のり平の三等亭主

平成十二年五月(2000)
黄金町 シネマジャック

 一九五〇年代、TVの普及していなかった頃の映画館での一時間のホームドラマ
 東京郊外に住む新婚サラリーマン。三木のり平と中田康子。風景は『マダムと女房』に似ている。
 この若夫婦二人のところへ妻の妹が押し掛け同居。
 夫は印刷会社の社員。大学出の中流家庭だが、五〇年代の中流家庭は現代と比べると、住居も台所も格段に質素だ。が、当時はこれが庶民の目標だったのだろう。
 私が生まれた頃のことで、なんとなく懐かしい。取るに足りない夫婦間のあれこれがのどかで、今思うといい時代だったのだ。
 続篇の『のり平の浮気大学』も同じ監督、同じ配役で、妻が電気洗濯機を欲しがり、懸賞の景品が洗濯機だからと、応募のために無駄な商品を買い込んだり、夫が町内の相撲大会に出場して賞品の洗濯機を取ろうとしたり。
 電気洗濯機はまだまだ一般には手の届かない高価な品物だったのだ。
 のり平亭主は貧弱な体格なのに奮闘して相撲大会で優勝するが、せっかく取った洗濯機は施設に寄付してしまう。
 終戦直後、現実はもっと殺伐としていたかもしれない。が、映画の中では人々はみんな善良でほのぼのとして、ささやかながらも幸福な生活を送っている。

のり平の三等亭主
1956
監督:丸林久信
出演:三木のり平、中田康子、森啓子、石原忠、柳沢真一、中村是好北沢彪藤間紫、不二幸江、富田仲次郎、宮田洋容

のり平の浮気大学
1956
監督:丸林久信
出演:三木のり平、中田康子、森啓子、石原忠、柳沢真一、中村是好北沢彪藤間紫、千葉信男、北川町子、河内桃子、富田仲次郎、一の宮あつ子、沢村いき雄

 

『映画に溺れて』第284回 次郎長意外伝 灰神楽の三太郎

第284回 次郎長意外伝 灰神楽の三太郎

平成十二年五月(2000)
黄金町 シネマジャック

 三木のり平といえば、真っ先に思い浮かぶのが海苔の佃煮のコマーシャルと、社長シリーズの宴会好きの課長役。なにかにつけ、うれしそうにパーッといきましょうとはしゃぐ姿。
 のり平が亡くなったとき、小学館から出た『のり平のパーッといきましょう』という本がすばらしくて、のり平の映画が観たい観たいと思っていたら、ちょうど一年後に横浜黄金町のシネマジャックで追悼特集が組まれたのだ。その特集名もやはり「パーッといきましょう」だったと思う。
 のり平の主演作『次郎長意外伝 灰神楽の三太郎』は外伝でなく意外伝。
 清水の次郎長シリーズの番外篇であり、灰神楽の三太郎が主人公のパロディなのだが、次郎長役の小堀明男や死んだ石松役の森繁久弥も脇で出演。
 灰神楽の三太郎の間抜けぶりは与太郎そのもの。中田康子がモンロー亭という飲み屋の女給まりりんお紋。マリリン・モンローの江戸版で、時代劇という枠を無視して、映画が作られた当時の一九五〇年代をそのまま表現しており、せりふにもプレゼントだのと横文字や現代語が平気で入る楽しさ。
 で、この三太郎が次郎長親分の代理で別の親分の孫の出産祝いに出かけ、兄貴分の追分の三五郎や、まりりんお紋までが同行する。お紋の旅人姿がかなりセクシーで、本家モンローを彷彿させる。
 途中、由利徹南利明八波むと志脱線トリオが偽次郎長一味として絡んだり、越路吹雪扮する仇討ちの武家の妻女を三太郎が助けたりとドタバタが続いて、ああ、また観たくなった。

次郎長意外伝 灰神楽の三太郎
1957
監督:青柳信雄
出演:三木のり平、小堀明男、森繁久弥、中田康子、由利徹八波むと志南利明、中村宗之助、本郷秀雄、小杉義男

『映画に溺れて』第283回 奇々怪々俺は誰だ

第283回 奇々怪々俺は誰だ

平成二十二年十二月(2010)
銀座 銀座シネパトス

 銀座シネパトスの谷啓追悼特集、二本目が『奇々怪々俺は誰だ』
 これほどまでにシュールでナンセンスな映画、それを普通の東宝コメディで撮っているとは。
 主人公の名前が鈴木太郎。ジョン・スミスを思わせる凡庸にして匿名性のある名前。『クレージーだよ奇想天外』で谷啓が演じた宇宙人、その地球でのサラリーマン名がやはり鈴木太郎であった。
 ある朝、会社に出勤した鈴木は、同僚から不審者扱い。誰も彼を知らず、そればかりか、まったく別人が鈴木太郎と称して彼の席に座っているのだ。悪質ないたずらと思いきや、友人も隣人も彼を知らないという。家に帰ると、朝、会社にいた鈴木と称する男が妻や子と夕食の途中。暴れて警察に連行され、そこを抜け出して、故郷に行くと、母も彼を知らないといい、泥棒扱いされて、村人に追われる。
 偶然知り合った自殺未遂の若い女だけが元々彼を知らないので鈴木と認めてくれる。彼女の助言でTVの尋ね人番組で自分が誰か知っている人は連絡してほしいと訴えると、さっそく身元がわかり、彼は鈴木次郎として精神病院へ。患者だったと言われるが、彼には覚えがない。
 そこへギャングの手下が現れ、彼は精神病院に姿を隠している殺し屋の鈴木三郎だと告げられる。そしてアメリカ帰りの企業の二代目を暗殺する仕事を親分から依頼され、二代目ともみ合ううちに相手を射殺。その瞬間、彼は企業の二代目鈴木四郎となり、社長の椅子を引き継ぐことに。
 といった具合にめまぐるしく彼の運命は変化するが、彼はいったい誰なのか。最後のバカバカしさ、驚いた。一九六九年の作なので、女性がみんなミニスカートというのも懐かしい。鈴木の勤めている会社が牛印乳業というネーミング、なにからなにまでが馬鹿馬鹿しくて。

奇々怪々俺は誰だ
1969
監督:坪島孝
出演:谷啓吉田日出子犬塚弘横山道代山茶花究、田武謙三、人見明、船戸順、ハナ肇田崎潤なべおさみ、吉村実子、左ト伝