日本歴史時代作家協会 公式ブログ

歴史時代小説を書く作家、時代物イラストレーター、時代物記事を書くライター、研究者などが集う会です。Welcome to Japan Historical Writers' Association! Don't hesitate to contact us!

第20回 森の石松鬼より恐い

平成二十一年十一月(2009)
池袋 新文芸坐

 

 これは池袋の新文芸坐中村錦之助の特集上映会「錦之助映画祭り」で観た。以前から観たいと思っていた作品で、うれしかった。
 最初、現代の東京、つまり一九六〇年の東京が映し出される。
 中村錦之助演じるのは、舞台の初日を三日後に控えた若手演出家。劇場での演し物は清水の次郎長の中の「森の石松」だ。親分の代参で讃岐の金毘羅様に参詣した石松が、その帰途、閻魔堂で都鳥一味の騙し討ちに遇って最期をとげるストーリー。
 が、演出家はどうも納得いかない。古臭い見せ場を並べただけの台本では、思うような斬新な舞台が作れない。劇場支配人にさんざん嫌味を言われ、銀座のバーで酔いつぶれて、劇場の控え室に潜り込んで寝てしまう。
 朝になって目が覚めると、周囲の人間はみな頭にチョンマゲをつけた時代劇の扮装。芝居かと思えば、驚いたことに、彼は本物の江戸時代にタイムスリップしている。しかも、「イシさん、イシさん」と呼ばれる。つまり、現代の舞台演出家が、幕末の清水の次郎長の子分、森の石松に変身していたのだ。
 頭が少しおかしくなった石松を心配して、次郎長は讃岐の金毘羅様まで代参に行くよう提案する。石松に想いを寄せる料理屋の女中おふみといっしょに。
 が、石松に変身した舞台演出家は気が進まない。彼は旅の終わりが石松の死であることを知っている。
 おふみとの二人旅、はたして森の石松の運命はどう変わるのか。
 黄金時代の東映時代劇とタイムスリップを組み合わせた実に珍しくも楽しいコメディである。錦之助は重厚な演技もいいが、こういう軽い役も達者で、客席から明るい笑い声が起こるほど、見事に笑わせてくれる。すばらしい。

 

森の石松鬼より恐い
1960
監督:沢島忠
出演:中村錦之助鶴田浩二丘さとみ、大川恵子、進藤英太郎山形勲千秋実

頼迅庵の歴史エッセイ4

4 江戸時代の三大改革と江戸町奉行

 享保の改革寛政の改革天保の改革を江戸時代(又は近世)の三大改革といいます。この三つの時代と改革の推進者、そして町奉行を見てみましょう。

 享保の改革享保元年(1716)~延享二年(1745))
 推進者:八代将軍徳川吉宗
 町奉行(南)大岡越前守忠相 ⇒ 約十九年後に寺社奉行へ栄転
      (北)中山出雲守時春 → 諏訪美濃守頼篤
 寛政の改革天明七年(1787)~寛政五年(1793))
 推進者:老中松平越中守定信
 町奉行(北)柳生主膳正久通 ⇒ 一年で勘定奉行へ左遷
      (南)池田筑後守長恵 ← (山村信濃守良旺)
 天保の改革天保十二年(1841)~天保十四年(1843))
 推進者:水野越前守忠邦
 町奉行(南)矢部駿河守定謙 ⇒ 八か月で更
      (北)遠山左衛門尉景元

 上段が、推進者より改革と同時に任命された町奉行で、いわば人材登用(抜擢)された人物です。(このうち遠山景元は、天保十一年に水野忠邦が任命したと思われますが、天保の改革の開始が天保十二年ですので、除外します。)
 天保の改革矢部定謙は、西丸留守居からの異動ですが、あろうことか遠山景元とともに水野の改革に逆らっています。剛直な性格であったらしく、そのためわずか八か月で鳥居忠燿と交代しています。そして、天保の改革自体わずか二年程で終わってしまいます。

 さて、上記三つの改革で、大岡忠相のみ十九年の長きに渡って町奉行を務めているところを見ると、改革の推進者が抜擢した町奉行の活躍が、その後の改革の成否を左右したといっても良いのではないでしょうか。
 そう考えると、久通の異動は残念な気もします。勘定奉行を二十九年に渡って勤め上げたということは、決して無能ではなかったと思われるからです。
もう少し、辛抱して使ってもらえていれば、久通としては真価を発揮できたかもしれませんね。

 余談ですが、町奉行は、目付から小普請・作事・普請奉行(「下三奉行」ともいいます)等を経て任命されるコースと目付の経験はないものの地方の奉行を経て任命されるコースと大別して二つあったようです。ですが、遠山景元に下三奉行の経験は有りますが、目付の経験はありません。また、矢部定謙は、火付盗賊改から堺奉行に異動し、さらに西丸留守居から小普請組支配を経て町奉行に任命されています。コースに変更があったのか、それとも二人が異例だったのか……。

決起集会のお知らせ

日本歴史時代作家協会会員 御一同様

 

お待たせしました。
当協会の第一歩となる「総会」を5月15日に開催いたします。
詳細は添付資料pdfをお読みください。
また、当協会の会則pdfも添付します。
添付資料2点が開けない、読めない方は速やかにお知らせください。

5月15日に、
1 理事会 14:00〜
2 総会 16:00〜
3 親睦会 17:30〜
を開催します。
理事会は4月3日に決定した暫定理事たちの会議ですが、
これまでの経緯や今後の方針をお知りになりたい方はぜひ参加してください。
総会は最も重要です。どうか万難を排してご出席ください。
懇親会は、新設・日本歴史時代作家協会の決起集会であり、親睦会です。
当協会の船出を祝すとともに、当協会をどのような会に育てていくか、
大いに語り合い、大いに盛り上がりたいものです。

1、2、3に関して出欠のご連絡を下さるようよろしくお願いします。
出欠状況によって懇親会の会場を決めます。
出欠は4月30日までにお知らせください。
以上よろしくお願いいたします。

日本歴史時代作家協会 加藤淳

E-mail : jjk@tokyo.zaq.jp

 

※会議の場所はメールに添付した書類をご覧ください。

『映画に溺れて』第19回 クレイジーだよ奇想天外

第19回 クレージーだよ奇想天外

平成二年十二月(1990)
桜木町 ヨコハマニュース劇場

 

 中学時代に見損ねて、ずっと憧れていた作品。「ぴあ」を片手に横浜まで出かけて、ようやく観られたのが三十代の頃。クレージー映画では、私はこれが一番好きだ。
 SFコメディで、ナンセンスで、サクセスストーリーでもあり、政財界風刺漫画でもある。しかも植木ではなく谷啓主演。飄々とした味わいは宇宙人役にぴったり。
 宇宙の片隅にある遊星αで谷啓のミステイクセブンが釣りを楽しんでいる。わざとらしいちゃちなセットや衣裳が笑える。そこへ地球の人工衛星が飛んできて地面が揺れる。宇宙の平和を乱す地球人への使者として、ミステイクセブンが選ばれ、日本に送られることになる。遊星αでは人間は機械から生まれ、彼はたまたま機械の故障で出来が悪かった。地球には女という人間を生む動物がいるので、誘惑されないようにと忠告される。
 そこでタイトルが出て、主題歌『虹を渡って来た男』が流れる。この歌も好き。
 一九六六年の東京、大企業の新入社員鈴木太郎という男の肉体に乗り移ったミステイクセブンは以後、鈴木太郎としてサラリーマンを経験する。このあたりは東宝お家芸。会社をクビになって歌手として売り出したり、国会議員になり、大企業が核爆弾を作るための法案に与党でありながら反対したりする。が、失敗ばかりを繰り返し、結局遊星αに呼び戻される。彼が地球でしたことといえば、自衛隊の弾薬を花火に変えたことと、好きになった女性の弟である小学生の命を助けたことぐらい。
 植木等の長官によって分解処分にされようとしたとき、上司の藤田まことが現れ、鈴木が反対したことで与党の法案が成立せず地球の平和が保たれたと報告する。そこで分解を許されたミステイクセブンは褒美として、地球人になることを望む。後日、遊園地で楽しそうに過ごす鈴木夫妻とその弟を遠くから寂しそうに眺めている綿飴売りの男こそミステイクゼブンであった。

 

クレージーだよ奇想天外
1966
監督:坪島孝
出演:谷啓ハナ肇植木等、星由里子、藤田まこと内田裕也桜井センリ

『映画に溺れて』第18回 花のお江戸の無責任

第18回 花のお江戸の無責任

昭和三十九年十二月(1964)
大阪 梅田

 

 私が小学生の頃、一番の人気はクレージーキャッツだった。七人組のコミックバンドで、リーダーが強面のハナ肇、花形スターが植木等、エキセントリックな味の谷啓。この三人に加えて、犬塚弘桜井センリ安田伸石橋エータロー。今でも全員の顔が思い浮かぶ。
 六十年代、クレージーはTVでも出ずっぱりで、私は「大人の漫画」という短いコント番組を特に毎晩楽しみにしていた。毎回紹介されるコント作家の名前が青島幸男。だから私は小学生の頃から後の東京都知事を知っていた。
 東宝の映画が好きだった父に連れられて、映画館でも何度かクレージーキャッツを観ている。その中で一番印象深いのが『花のお江戸の無責任』だ。
 クレージーなのに時代劇なのだ。歌舞伎のパロディで、助六に幡随院長兵衛を混ぜ合わせ、これに番町皿屋敷が加わる。
 植木等助六ハナ肇が幡随院長兵衛、谷啓が白井権八。クレージー以外では揚巻が団令子、髭の意久が進藤英太郎、青山播磨が有島一郎。よく憶えている。
 いい加減なへらへら男がすいすい世渡りして出世する『日本無責任時代』や『日本一のホラ吹き男』など植木等のサラリーマン喜劇を江戸の世界に置き換えたものだが、助六もまた、調子よく親の敵の意久を討ち取り、めでたしめでたし。
 当時は有名な古典の名場面をTVのコメディやバラエティでお笑いに仕立てることが多かったから、本式の芝居を観ていなくても「おわけえの、お待ちなせえ」ぐらいは子供でもみんな知っていたのだ。
 思えば今は、パロディの作りにくい時代かもしれない。

 

花のお江戸の無責任
1964
監督:山本嘉次郎
出演:植木等谷啓ハナ肇、団令子、池内淳子進藤英太郎

大河ドラマウォッチ「いだてん 東京オリムピック噺」 第15回 あゝ結婚

 兄の実次(中村獅童)に呼ばれて金栗四三(中村勘九郎)は熊本に帰ってきました。そこで四三に見合いの席が用意されてあったのです。相手はなんと幼なじみのスヤ(綾瀬はるか)でした。スヤは地主の池部家に嫁に行ったはず。訳のわからない四三でした。
 スヤの夫は病弱で、四三がオリンピックで走っていた頃、亡くなっていたのでした。
 スヤの夫の母、池部幾江(大竹しのぶ)は、実次に四三を養子にしてはと勧められたというのです。四三がオリンピックの渡航費の捻出に苦しんでいたとき、田んぼを担保に池部家が金を貸してくれた、という弱みもありました。幾江は言います。
「地主ばい。スヤと祝言ばあげて庄屋の旦那さんになるとばい。なんが不服ね」
 しぶる四三。四三は四年後のオリンピックのことを考えていたのです。そこへ幾江が言います。
「のぼせなさんなよ」
 自分が必要としているのはスヤである。四三ではない。スヤを嫁にしないなら養子にはしない。
 実家に帰った四三は、家族に
「まだ結婚はせんけん」
 と宣言します。四三は家族を説得します。ストックホルムでの屈辱的な敗北。四年後のドイツ、ベルリンで日の丸を掲げるという決意。
「ようわかった」と実次は言います。「お前の好きにようにせい」
 胸をなで下ろす四三。実次は言葉を継ぎます。
「そのためにスヤさんと結婚ばせい」
 なぜ自分の話を聞いてくれないのか、と抗議する四三。実次は説きます。教員の給料などたかがしれている。池部家に養子に入れば、金の心配はしないですむようになる。思う存分走れる。まだしぶる四三に実次は問い詰めます。
「四三。お前はスヤさんのこつ、好かんとか」
 場面はスヤと幾江のいる池部家に移ります。幾江はスヤに言います。
「もうよか。あんたさえ来てくれたら。おらはよかけん。あとつぎはこっちで探すばい」
 しかしスヤは言うのです。
「いえ、私は四三さんがよかです」
 四三でなかったら、この話は終いです。
「好いとっとね」
 と聞く幾江。
 そして、四三とスヤの祝言が行われるのです。
 四三とスヤの初めての夜が訪れます。二人は布団を並べて横になります。スヤの話をさえぎって、四三は跳ね起きます。
「俺には、四年後がありますけん」そしてスヤに向かいます。「オリンピックに出るっちゅう大志のありますけん。日本スポーツの向上のために雪辱ば果たさんといかん。そんためには脇目もふらんで。何はさておきオリンピックだけ」
 それを聞いてスヤは言います。
「だったら私も、何はさておき、お母さんです」
 四三は言います。
「では、お互い、がんばりましょう」
 二人は再び寝床に入るのでした。
 翌日には四三は東京に帰ります。硬い表情のまま別れをかわす二人でした。
 その頃、美濃部孝蔵(山本未來)、後の古今亭志ん生は、浜松の地にいました。三遊亭小円朝の一座の一員として寄席に出ていました。しかし若い衆は貧しく博打好きで、着るものも売ってしまう始末。交代で孝蔵の着物を着て舞台に出ていました。そして孝蔵は師匠の小園朝と喧嘩をして、一座を追い出されてしまうのです。
 浜松の海には泳ぐ集団がいました。旧制中学の彼らは自らをカッパと名乗りました。速く泳ぐことが目的ではありません。鎧姿でも泳げるような、戦国節の修練を受け継いでいました。そしてこのカッパ軍団のなかから、金栗、三島に続くオリンピック選手が生まれるのです。
 東京に帰ってきた四三は、東京高等師範学校の校長である嘉納治五郎に結婚のことも報告できません。季節は夏になります。四三は灼熱の浜辺を走り始めます。「耐熱練習」です。日射病で負けた雪辱を晴らすために訓練を続けます。倒れない工夫をするのではなく、倒れても起き上がって走る練習をしようというのです。
 やがて秋になり、冬が来て、東京高等師範学校を卒業する日が近づいてきます。学校を卒業した者は、教師になることが当たり前でした。四三は同級生にこれからどうするのかと尋ねられます。
「教員にはならん。マラソン一本でいこうと思っとる」
 と四三は答えます。四三は熊本のスヤにも手紙を送っていました。養子話も縁談も破談にしていただいて構いません。
 校長の嘉納は四三の考えを認めてくれます。職にも就かず、マラソンばかりやっているようなやつのことを何というか知っておるかね。と、質問する嘉納。嘉納は答えます。
「プロフェッショナルだよ」
 スヤから手紙が来ます。進路の件、マラソンにかける思い、私は理解しました。スヤは二年後のオリンピックまで、四三を待つ決意をするのです。

 

鋳物の街川口見学会のお知らせ

鋳物の街川口見学会のお知らせ

宮郷土史研究会のイベントに便乗する形で参加を予定しております。
見学会の内容紹介:
川口は日光御成道の一番目の宿として、また江戸時代以前から鋳物の街として発展してきました。しかし、最近は都市化に伴って排煙や煤塵が嫌われて急激に市外への工場移転が進み、懐かしいキューポラが見られなくなりました。
現在も鋳物は我々の生活の中で非常に重要な役目を果たし、一例ですが自動車の10~15%は鋳物部品が使われています。
今回はかつての鋳物の街を訪ねて、その歴史と、現在も市内で唯一稼働している鋳物工場の見学や資料館をめぐりたいと思います。なお鋳物工場見学にあたり湯玉(溶けた鉄の粒)の関係で服装は綿が望ましい事、靴の着用が条件ですからご協力ください。

日時:5月11日土曜日 小雨決行

集合:JR大宮駅コンコース鉄道警察前 8:50時間厳守

  (集合場所は川口に変更になる可能性があります)
コース:大宮駅⇒川口駅⇒錫杖寺⇒川口文化財センター⇒川口神社(昼食)⇒
鍋平別邸⇒工場⇒川口本陣跡⇒川口駅(解散)
参加費:500円
費用:昼食代、交通費及び文化セセンター入場料100円は各自負担


申込:

当会で取りまとめる分は私宛に(hibikiyuko@gmail.com)お願い致します。

川口駅での合流を希望される方はその点を御書き添えください。