日本歴史時代作家協会 公式ブログ

歴史時代小説を書く作家、時代物イラストレーター、時代物記事を書くライター、研究者などが集う会です。Welcome to Japan Historical Writers' Association! Don't hesitate to contact us!

雨宮由希夫

書評『やわ肌くらべ』

書名『やわ肌くらべ』 著者 奥山景布子 発売 中央公論新社発行年月日 令和4年7月10日定価 ¥1700E やわ肌くらべ 作者:奥山景布子 中央公論新社 Amazon 平安鎌倉から幕末明治までの多岐にわたる時代を背景に、史実と丹念に向き合い史実の奥に潜む物語を…

書評『宗歩の角行』

書名『宗歩の角行』著者 谷津矢車発売 光文社発行年月日 2022年4月30日定価 ¥1800E 宗歩の角行 作者:谷津 矢車 光文社 Amazon 文政3年(1820)8月、天野宗歩(あまのそうほ)は5歳で大橋本家十一代大橋宗金(後の大橋宗桂(おおはしそうけい)の門…

書評『戴天』

書名『戴 天』著者 千葉ともこ発売 文藝春秋発行年月日 2022年5月10日定価 ¥1800E 戴天 作者:千葉 ともこ 文藝春秋 Amazon 開元24年(736) 大唐帝国の首都長安の西市(長安城内の西側の商業中心地) 8歳の少年二人と6歳の少女の幼馴染みが遊んでい…

書評『「賊軍」列伝 明治を支えた男たち』

書 名 『「賊軍」列伝 明治を支えた男たち』著 者 星 亮一発行所 潮書房光人新社発行年月日 2022年1月20日定 価 ¥790E 「賊軍」列伝 明治を支えた男たち (産経NF文庫) 作者:星 亮一 潮書房光人新社 Amazon 会津側の視点を踏まえ、明治政府に蔑まれた東北の…

書評『義時 運命の輪』

書 名 『義時 運命の輪』 著 者 奥山景布子発 売 集英社発行年月日 2021年11月25日 義時 運命の輪 (集英社文庫) 作者:奥山 景布子 集英社 Amazon 鎌倉幕府を開いた源頼朝の義弟で、執権にまで昇りつめ幕政を牛耳った北条義時(1163~1224)には様々な…

書評『仁王の本願』

書名『仁王の本願』 著者 赤神諒発売 角川書店発行年月日 2021年12月22日定価 ¥1800E 仁王の本願 作者:赤神 諒 KADOKAWA Amazon 加賀(かが)一向一揆(いっこういっき)のなか仁王隊(本願寺最強の鉄砲衆)を率い孤高の戦いを続けた本願寺の坊官(本願寺領を守る…

書評『黛家の兄弟』

書名『黛家の兄弟』 著者 砂原浩太朗発売 講談社発行年月日 2022年1月13日定価 ¥1800E 黛家の兄弟 作者:砂原 浩太朗 講談社 Amazon 砂原浩太朗(昭和44年生まれ、兵庫県神戸市出身)は、描きつくされた感のある戦国史を繊細極まる文体で全く新たに描…

書評『北斗の邦へ翔べ』

書名『北斗の邦へ翔べ』 著者 谷津矢車出版社 角川春樹事務所発行日 2021年11月18日定価 ¥1700円E 北斗の邦へ翔べ 作者:谷津 矢車 角川春樹事務所 Amazon 「勝ち目はないだろう戦(いくさ)」(福沢諭吉「痩せ我慢の説」)戊辰戦争に参戦した榎本…

書評『尼将軍』

書 名 『尼将軍』 著 者 三田誠広発 売 作品社発行年月日 2021年9月25日 尼将軍 作者:三田誠広 作品社 Amazon 頼朝の流人生活を伝える歴史史料はきわめて乏しく、頼朝と政子の運命的な結びつきについては「はっきりしたことはわからない」(奥富敬之『…

書評『橋場の渡し 名残りの飯』

書名『橋場の渡し 名残りの飯』 著者 伊多波 碧発売 光文社発行年月日 2021年9月20日定価 ¥680E 橋場の渡し (光文社文庫) 作者:伊多波碧 光文社 Amazon 4つの短編連作の「市井人情もの」時代小説集。 伊多波碧(いたばみどり)は1972年 新潟県生ま…

書評『シャムのサムライ 山田長政』

書名『シャムのサムライ 山田長政』 著者名 幡 大介発売 実業之日本社発行年月日 2021年5月25日定価 ¥2400E シャムのサムライ 山田長政 作者:幡 大介 実業之日本社 Amazon 海外に雄飛した一世の英傑、異国で出世した山田長政(1590?~1630)の真…

書評『義士切腹』

書評『義士切腹 忠臣蔵の姫 阿久利』 書名『義士切腹 忠臣蔵の姫 阿久利』著者 佐々木裕一発売 小学館発行年月日 2021年4月28日定価 ¥1600E 義士切腹: 忠臣蔵の姫 阿久利 作者:佐々木 裕一 発売日: 2021/04/23 メディア: 単行本 “さまざまなる忠臣蔵”があ…

書評『田中家の三十二万石』

書名『田中家の三十二万石』 著者名 岩井三四二発売 光文社発行年月日 2021年2月28日定価 本体1800円(税別) 田中家の三十二万石 作者:岩井 三四二 発売日: 2021/02/23 メディア: 単行本 表題は『田中家の三十二万石』である。「田中」というあ…

書評『足利の血脈』

書名『足利の血脈』 著者 秋山香乃 荒山 徹 川越宗一 木下昌輝 鈴木英治 早見 俊 谷津矢車発売 PHP研究所発行年月日 2021年1月7日定価 ¥1700E 足利の血脈 書き下ろし歴史アンソロジー 作者:秋山 香乃,荒山 徹,川越 宗一,木下 昌輝,鈴木 英治,早…

書評『浄土双六』

書 名 『浄土双六』 著 者 奥山景布子発 売 文藝春秋社発行年月日 2020年11月20日定 価 本体1600円(税別) 浄土双六 (文春e-book) 作者:奥山 景布子 発売日: 2020/11/20 メディア: Kindle版 戦前の皇国史観ゆえであろうか、戦後となっても、室…

書評『絵ことば又兵衛』

『絵ことば又兵衛』著者 谷津矢車発売 文藝春秋発行年月日 2020 年9 月30 日定価 ¥1750E 絵ことば又兵衛 (文春e-book) 作者:谷津 矢車 発売日: 2020/09/30 メディア: Kindle版 2013年『洛中洛外画狂伝 狩野永徳』でデビューした谷津矢車の最…

書評『父のおともで文楽へ』

書 名 『父のおともで文楽へ』著 者 伊多波碧発行所 小学館発行年月日 2020年9月13日定 価 ¥700E 父のおともで文楽へ (小学館文庫) 作者:碧, 伊多波 発売日: 2020/09/08 メディア: 文庫 短編連作5話をまとめた文庫書下ろしである。本の帯に「心にポツンと…

書評『魔王の黒幕 信長と光秀』

書名『魔王の黒幕 信長と光秀』著者 早見 俊発売 中央公論新社発行年月日 2020年7月25日定価 ¥880E 魔王の黒幕-信長と光秀 (中公文庫) 作者:早見 俊 発売日: 2020/07/22 メディア: 文庫 光秀の前半生は謎に包まれ、主殺しの理由も諸説ある。本書…

書評『家康(二) 三方ヶ原の戦い』

書名『家康(二) 三方ヶ原の戦い』著者名 安部龍太郎発売 幻冬舎発行年月日 2020年8月10日定価 本体690円(税別) 家康<二> 三方ヶ原の戦い (幻冬舎時代小説文庫) 作者:安部 龍太郎 発売日: 2020/08/06 メディア: 文庫 本書は2016年12月に刊…

書評『光秀の忍び』

書名『円也党奔る 光秀の忍び』著者 早見 俊発売 中央公論新社発行年月日 2020年7月15日定価 ¥700E 円也党、奔る 光秀の忍び (徳間文庫) 作者:早見俊 発売日: 2020/07/09 メディア: 文庫 明智光秀といえば「本能寺」だが、本作品は、姉川の合戦…

書評『大富豪同心 贋小判に流れ星』

書名『大富豪同心 贋小判に流れ星』著者 幡 大介発売 双葉社発行年月日 2020年8月10日 定価 ¥650E 大富豪同心(25)-贋の小判に流れ星 (双葉文庫) 作者:幡 大介 発売日: 2020/08/07 メディア: 文庫 「大富豪同心」シリーズはドラマ化され、2019年5月よ…

書評『京都に女王と呼ばれた作家がいた 山村美紗とふたりの男』

書 名 『京都に女王と呼ばれた作家がいた 山村美紗とふたりの男』著 者 花房観音発行所 西日本新聞社発行年月日 2020年7月26日定 価 ¥1500E 京都に女王と呼ばれた作家がいた 山村美紗とふたりの男 作者:花房 観音 発売日: 2020/07/14 メディア:…

書評『信長、天が誅する』『信長、天を堕とす』

書名『信長、天が誅する』著者名 天野純希 発売 幻冬舎発行年月日 2019年11月25日定価 本体1600円(税別) 信長、天が誅する (幻冬舎単行本) 作者:天野純希 発売日: 2019/11/26 メディア: Kindle版 書名『信長、天を堕とす』著者名 木下昌輝発売…

書評『吉原美味草紙 おせっかいの長芋きんとん』

書名『吉原美味草紙 おせっかいの長芋きんとん』著者名 出水千春発売 早川書房発行年月日 2020年4月15日定価 ¥680E 吉原美味草紙 おせっかいの長芋きんとん (ハヤカワ文庫JA) 作者:出水 千春 発売日: 2020/04/10 メディア: Kindle版 主人公の、料理人を目…

書評『大江戸けったい長屋ーぬけ弁天の菊之助』

書名『大江戸けったい長屋――ぬけ弁天の菊之助』著者 沖田正午発売 二見書房発行年月日 2020年5月25日定価 ¥658E 大江戸けったい長屋 ぬけ弁天の菊之助 (二見時代小説文庫) 作者:沖田 正午 発売日: 2020/04/27 メディア: 文庫 舞台の「けったい長…

書評『武士の流儀(三)』

書名『武士の流儀(三)』著者 稲葉念発売 文藝春秋発行年月日 2020年4月10日 定価 ¥680E 武士の流儀(三) (文春文庫) 作者:稔, 稲葉 発売日: 2020/04/08 メディア: 文庫 江戸の人々の人情の機微、息遣いまで聞こえてくる余韻。「優しさ」は生半可な優しさで…

書評『明治零年』

書名『明治零年』著者 加納則章発売 H&I発行年月日 2020年4月24日定価 各 本体1800円(税別) 明治零年 サムライたちの天命 作者:加納則章 発売日: 2020/05/16 メディア: 単行本 激動の幕末の諸藩。北陸の大藩である加賀藩も例外ではなく、尊王と…

書評『大一揆』

署名「大一揆」著者 平谷(ひらや)美樹(よしき)発売 株式会社KADOKAWA発行年月日 2020年3月28日定価 本体1800円(税別) 大一揆 作者:平谷 美樹 発売日: 2020/03/28 メディア: 単行本 嘉永6年(1853)の三閉伊(さんへい)一揆(いっき)(いわゆる仙台越…

書評『まむし三代記』

書名『まむし三代記』著者 木下昌輝発売 朝日新聞出版発行年月日 2020年2月28日定価 ¥1800E まむし三代記 作者:木下 昌輝 発売日: 2020/02/07 メディア: 単行本 木下(きのした)昌輝(まさき)は2012年、デビュー作『宇喜多(うきた)の捨て嫁』…

書評『六莫迦記』--これが本所の穀潰し

書名『六莫迦記(ろくばかき)――これが本所(ほんじょ)の穀潰(ごくつぶ)し』著者 新美 健発売 早川書房発行年月日 2020年1月15日定価 ¥660E 六莫迦記 これが本所の穀潰し (ハヤカワ文庫JA) 作者:新美 健 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2020/01…