日本歴史時代作家協会 公式ブログ

歴史時代小説を書く作家、時代物イラストレーター、時代物記事を書くライター、研究者などが集う会です。Welcome to Japan Historical Writers' Association! Don't hesitate to contact us!

『映画に溺れて』第454回 エバー・アフター

第454回 エバー・アフター 平成十一年七月(1999)飯田橋 ギンレイホール 十九世紀、グリム兄弟が貴婦人の元へ呼ばれると、彼女はガラスの靴を見せ、例の「灰かぶり」の物語は本当にあった話だと語る。 十六世紀前半のフランス。実際にはヴァロア朝だが…

会員・亀和夫さんからの連絡です。メール内容は多少編集して掲載しております。 また、添付pdfはブログ内に張り付けられませんでした。そのかわりにリンク先をご覧ください。 ------- 添付のチラシの舞台をします。ご案内が遅くなり、すいません。「マリアの…

『映画に溺れて』第453回 ロック・ユー!

第453回 ロック・ユー! 平成十四年三月(2002)新橋 新橋文化 ヒース・レジャー主演の中世騎士物語。詩人のチョーサーやエドワード黒太子が登場するので、十四世紀のヨーロッパが背景である。 ウィリアムはイングランドの庶民出身で、騎士エクター卿の…

大河ドラマウォッチ「青天を衝け」 第31回 栄一、最後の変身

栄一(吉沢亮)の父である、市郎右衛門が亡くなってから初七日が過ぎ、栄一の妹の、てい(藤野涼子)、と夫婦(めおと)になる須永才三郎が中の家(なかんち)にあいさつにやって来ました。才三郎は皆にあいさつします。 「お父上より、渋沢市郎を名乗るよう…

『映画に溺れて』第452回 グッドナイト&グッドラック

第452回 グッドナイト&グッドラック 平成十八年十月(2006)新橋 新橋文化 一九五〇年代、ジョセフ・マッカーシー上院議員による赤狩りは最初、多くのアメリカ国民の支持を得る。背景には冷戦状態にあるソビエト連邦の脅威があった。マッカーシーによる…

書評『橋場の渡し 名残りの飯』

書名『橋場の渡し 名残りの飯』 著者 伊多波 碧発売 光文社発行年月日 2021年9月20日定価 ¥680E 橋場の渡し (光文社文庫) 作者:伊多波碧 光文社 Amazon 4つの短編連作の「市井人情もの」時代小説集。 伊多波碧(いたばみどり)は1972年 新潟県生ま…

大河ドラマウォッチ「青天を衝け」 第30回 渋沢栄一の父

西郷隆盛(博多華丸)を東京に連れ戻すために、岩倉具視(山内圭哉)は鹿児島に向かいました。鹿児島城で島津久光(池田成志)に対面し、「要(かなめ)の者」を差し出すようにと申し入れます。 求心力を失っていた政府にとって、軍を束ねる西郷は、頼みの綱…

『映画に溺れて』第451回 偽りの隣人 ある諜報員の告白

第451回 偽りの隣人 ある諜報員の告白 令和三年八月(2021) 新橋 TCC試写室 これはふたりの男の友情の物語である。 ユ・デグォンは正義感の強い愛国者であり、国家安全政策部の諜報員として活動している。 イ・ウィシクは現政権に批判的な民主化運動…

大河ドラマウォッチ「青天を衝け」 第29回 栄一、改正する

渋谷栄一(吉沢亮)は大隈重信(大蔵孝二)に「改正掛(かいせいがかり)」を提案します。今、すでにある部署とは別に、大蔵省や外務省などの垣根を越え、広く日本に必要な物事を考え、決定事項を即実行できるようにしたい、と栄一は説明します。静岡藩から、さら…

『映画に溺れて』第450回 アナザーラウンド

第450回 アナザーラウンド 令和三年九月(2021)新宿 新宿武蔵野館 酒好きにとっては酒は百薬の長である。が、下戸にとっては百害あって一利なし、命を削る鉋とも言われる。なにごともほどほどがいいのだが、一線を越えると後戻りできなくなり、一気に破…

大河ドラマウォッチ「青天を衝け」 第28回 篤太夫と八百万(やおよろず)の神

明治二年(1869)の夏。全国の藩が、領地と領民とを天皇に返還する「版籍奉還」が行われ、篤太夫(吉沢亮)のいる駿府藩は、静岡藩となりました。慶喜(草彅剛)は謹慎(きんしん)を解かれ、一年半ぶりに自由を得ることになりました。 篤太夫は東京に呼び出…

『映画に溺れて』第449回 フリー・ガイ

第449回 フリー・ガイ 令和三年八月(2021) 立川 シネマシティ2 フリーシティの銀行員ガイの一日は判で押したように規則正しい。朝、ベッドで目覚め、飼っている金魚に挨拶し、青いシャツに着替えて、出勤前にいつものコーヒーショップでいつものコー…

大河ドラマウォッチ「青天を衝け」 第26回 篤太夫、駿府で励む

明治元年も暮れになります。篤太夫(吉沢亮)は駿府藩庁にいました。 「渋沢篤太夫に、駿府藩の、勘定組頭を申しつける」 といったのは、駿府藩中老の大久保一翁(いちおう)(木場勝己)でした。 「いえ、お受けできません」 と、篤太夫は断り、理由を語り…

『映画に溺れて』第448回 レッド・ドラゴン

第448回 レッド・ドラゴン 平成十五年三月(2003) 所沢 シネセゾン所沢 『羊たちの沈黙』がヒットし、続編の『ハンニバル』が作られ、そして『レッド・ドラゴン』である。これは続編というより『羊たちの沈黙』以前の物語となっている。 FBI捜査官グ…

大河ドラマウォッチ「青天を衝け」 第26回 篤太夫、再会する

篤太夫(吉沢亮)は、桑畑を抜けて、故郷の血洗島に帰ってきます。辻に長七郎(満島真之介)が座っていました。 「出迎えに来てくれたのか」 と、篤太夫はたずねます。長七郎は笑い声をたて、いいます。 「どうした、その頭は」 篤太夫も、髪の毛をさわりな…

『映画に溺れて』第447回 羊たちの沈黙

第447回 羊たちの沈黙 平成三年十一月(1991)池袋 文芸坐 不気味な映画だった。おぞましい場面があるからぞっとするのではない。映像と音楽と俳優たちの演技で不気味な雰囲気を醸し出していた。 ジョディ・フォスターふんするFBI実習生クラリスがラ…

『映画に溺れて』第446回 キャラクター

第446回 キャラクター 令和三年六月(2021) 六本木 TOHOシネマズ六本木ヒルズ ホラー漫画を愛する青年がいる。山城圭吾は長年、著名な漫画家のアシスタントをしながら、なんとか独立して一本立ちしようと新人賞に応募し続けている。いつもいい線ま…

書評『果ての海』

書名『果ての海』 著者 花房観音発売 新潮社発行年月日 2021年8月30日定価 ¥1750E 果ての海 作者:花房観音 新潮社 Amazon 花房観音の最新作『果ての海』は舞台を日本海側のわびしい町、主人公は京都文化圏を故郷とするという、花房作品のエキス…

『映画に溺れて』第445回 プロミシング・ヤング・ウーマン

第445回 プロミシング・ヤング・ウーマン 令和三年七月(2021)立川 キノシネマ立川 凄惨な復讐劇でありながら、どことなくユーモラスで、方向が変わればラブコメディになっていたかもしれないと思わせる奇妙な味わいである。 カサンドラ・トーマス、通…

頼迅庵の新書専門書レビュー13

頼迅庵の新書専門書レビュー13 『地図で考える中世 ―交通と社会―』(榎原雅治、吉川弘文館) 地図で考える中世: 交通と社会 作者:榎原 雅治 吉川弘文館 Amazon 歴史・時代小説を書くためには、その時代の景色や生活を理解する必要があります。日本の中世を舞…

『映画に溺れて』第444回 夏への扉 キミのいる未来へ

第444回 夏への扉 キミのいる未来へ 令和三年六月(2021) 新宿 新宿ピカデリー ロバート・A・ハインラインの『夏への扉』は一九五〇年代に書かれた時間SFで、人工冬眠とタイムマシンが題材となっており、今でもファンが多い。 原作では一九七〇年と三…

『映画に溺れて』第443回 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2

第443回 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2 平成元年七月(1989)吉祥寺 吉祥寺スカラ座 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』第一作はストーリーも完璧で、個性的な脇役に恵まれた。天才科学者でありながら常識はずれで、どこか抜けているブラウン博…

『映画に溺れて』第442回 妖婆 死棺の呪い

第442回 妖婆 死棺の呪い 平成二十三年三月(2011) 渋谷 アップリンクファクトリー 東日本大震災の直後、ひっそりと静まった夜の渋谷、アップリンクで観たのが『妖婆 死棺の呪い』である。 神学生が帰省の途中で立ち寄った村で、一夜の宿を頼んだ農家。…

『映画に溺れて』第441回 けっこう仮面

第441回 けっこう仮面 平成十六年二月(2004)渋谷 アップリンクファクトリー アップリンクファクトリーは最初、渋谷公会堂にほど近い小さなビルの一室にあって、一万円の年会費で全作品が見放題だった。どれだけ通ったことか。ほとんどがマイナー映画で…

大河ドラマウォッチ「青天を衝け」 第25回 篤太夫、帰国する

明治元年(1868)、十月。パリを出発した篤太夫(吉沢亮)一行の船は、横浜に到着します。民部公子(板垣李光人)は小舟に乗り換え、品川に向かいます。薩長の者たちに無礼な扱いをされる可能性のあるためです。 横浜で下船する篤太夫は検査する薩摩の兵にし…

『映画に溺れて』第440回 ナンズ・オン・ザ・ラン 走れ!尼さん

第440回 ナンズ・オン・ザ・ラン 走れ!尼さん 平成三年十月(1991)池袋 シネマセレサ 懐かしいエリック・アイドル主演のコメディ。相手役がロビー・コルトレーン。 定食屋でランチを食べているブライアンと同僚のチャーリー。昼休みは二時までらしい。…

新刊案内『星の落ちる島』

星の落ちる島 作者:小島 環 二見書房 Amazon 会員・小島環さんの新刊が26日発売されます。 読者の皆様、よろしくお願い致します!

『映画に溺れて』第439回 ミラクル・ニール!

第439回 ミラクル・ニール! 平成二十八年一月(2016)京橋 テアトル試写室 学生時代、モンティ・パイソンが大好きで、毎週欠かさずTVで観ていた。イギリス出身の五人の秀才、グレアム・チャップマン、ジョン・クリーズ、エリック・アイドル、マイケル…

『映画に溺れて』第438回 ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!

第438回 ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン! 平成二十一年二月(2009)新橋 新橋文化 サイモン・ペッグ、ニック・フロストのコンビが主演、エドガー・ライト監督の英国コメディである。 エリート中のエリート警官ニコラス・エンジェル。大学と警…

『映画に溺れて』第437回 宇宙人ポール

第437回 宇宙人ポール 平成二十四年四月(2012)飯田橋 ギンレイホール コミックやアニメやSFのマニアが集う祭典、コミコンがアメリカで開かれ、ふたりのSFオタクがイギリスからはるばる見物にやって来る。演じるのはエドガー・ライトのコメディでお…