日本歴史時代作家協会 公式ブログ

歴史時代小説を書く作家、時代物イラストレーター、時代物記事を書くライター、研究者などが集う会です。Welcome to Japan Historical Writers' Association! Don't hesitate to contact us!

大河ドラマウォッチ「西郷どん」 第43回 さらば、東京

 今週も軽くツッコんでいこうと思います。
 留守政府に大久保と岩倉を加え、閣議が始められました。大久保は西郷の朝鮮使節派遣に反対します。
 大久保は閣議前、岩倉と話していました。
「西郷に勝ち、今の政府をぶっ壊したいのです」
 大久保と西郷は言い争います。双方が譲ることはありません。
 江藤が立ち上がって三条の所に行きます。
「おいたちの意見に反対する岩倉閣下と大久保卿、お二人の罷免ば正式に求めます」
 議論は紛糾し、岩倉は西郷の朝鮮行きを認める発言さえします。
 閣議の後、心労がたたったのか、三条が倒れます。
 西郷は三条を見舞いに行きます。具合の悪いのを押して、三条は西郷の前に姿を現します。自分のふがいなさを西郷にわびる三条。三条はいいます。岩倉らが帰ってくるまでの政府はよかった。天子と政府と日本の民が扇のようにきれいにつながっているようで。
 三条が倒れた数日後、再び閣議が開かれることになりました。そして三条の席に座ったのは、岩倉だったのです。岩倉は太政大臣代理の任務を天子から授かり、同時に西郷の朝鮮国使節派遣を否決する勅をうけていました。すべては大久保が仕組んだことでした。
 西郷は逃げるようにする岩倉のもとに近づいていいます。我らのつくした論議が意味をなさないなら、我らがここにいる意味もない。
「そのとおりや」
 と岩倉はいいます。ついに西郷はいいます。
「おいの役目、ここまででございますな」
 西郷は閣議の席を去ります。
 そして明治六年に西郷は政府に辞表を届け出たのでした。つづいて江藤や板垣らも政府を去りました。
 大久保は岩倉に自分の書いた人事案を見せます。内務卿大久保利通の文字。大久保は国政における大きな権力をにぎることになったのです。
 岩倉は長州出身者を妓楼に呼びます。木戸に酌をしようとします。木戸は岩倉にいいます。
「政府を去った西郷君のせいで、陸海軍の薩摩兵たちが暴れ出す。もしくは西郷君が薩摩に戻り、政府に向けて兵を起こす。とでも考えていらっしゃるのですか」
 それに対し、岩倉は言葉を弄しません。
「さすがやなあ木戸、お前のその頭と、長州の力が必要なんや」
「西郷君はそげな男じゃない」
 といって木戸は去って行きます。
 西郷は密かに大久保の屋敷を訪ねます。
 西郷の朝鮮国施設派遣をやめさせたのは、大久保が糸を引いていたのかと問います。認める大久保。
「一蔵どんはおいを政府から追い出したかったとな」
 と聞く西郷。返事をする大久保。
 自分と大久保の喧嘩なら、周りを巻き込むことはなかった、という西郷。
「憎め」
 と大久保はいいます。
「おはんを嫌いになどなれるわけはなか」
 と西郷。
「おいの負けじゃ」
 と西郷はいいます。自分は大久保の国作りを眺めながら、鹿児島で畑でも耕す。
 西郷は大久保のもとを去ります。大久保も西郷の去った後、こらえきれず涙を流すのでした。
西田敏行のナレーション
「父、隆盛も大久保さんも、この別れが最後になるとは知るよしもありませんでした」